忍者ブログ
俳優、石田延之こと鏡京太郎が綴る36年間、鏡の中に封印してきた想いと未来を綴るぺーじ。
<< 09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [89]  [88]  [87]  [86
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 九州・阿蘇国立公園近くで希少価値の高い古代鏡が発見された。しかし、この鏡は東京に運ばれる途中で事故にあい行方不明となってしまう。

将来を嘱望されたF1レーサーの嶋。だが、元来一匹狼的な性格の彼は恋人である佳代とも別れ、親友でもあり兄貴分でもある蔵元の警告も聞かず飲酒運転のあげく人をはねてしまう。

刑期を終え出所した嶋は、今では自動車セールスをしている蔵元と再会。アパートに住むことになる。

ある日、神社の境内で古代文様の彫られた鏡を拾った嶋は、その鏡の不思議な力に驚く。鏡は時空を超えるゲートの役割を持っており、鏡の中に入ると未来が見えるのだ。

しかも鏡をくぐった嶋は巨大な体躯と強靭な膂力を持った超人となれることを知る。

冗談半分で競馬の予想に挑むが、鏡の世界で見たとおりの結果となり予期せぬ大金を手にする嶋。

次第にかつての元気を取り戻し始めた嶋はある日、国立病院の地下にある細菌研究所籠城事件に遭遇。鏡の世界の力を使って、立ち向かった嶋は、籠城犯がかつてのチームメイトだった雪村と知る。

嶋の引退後、メキメキと頭角を現した雪村だったが、テスト走行中に事故を起こし行方をくらませていたのだ。

鏡こそ持ってはいないものの、嶋と同じ超能力を持ち、その扱いにも長けた雪村は島を嘲うかのように、姿を消してしまう。

鏡を使い未来を予見、得た富を貧しいものに施すという現代の鼠小僧という活動を繰り返す嶋は、いつしか自分のレーシングチームを持つという生きる糧を見出す。そして、遂にかつての恋人井原佳代との結婚も決意する。

しかし、その矢先。今度は青い稲妻と称するテロリストグループがハイジャック事件を引き起こす。正義感にかられ鏡の世界に飛び込む嶋。

だが、その直後異常な地震が発生し嶋は鏡の世界に閉じ込められてしまう。

まるで街灯のように未来を、時に過去を映し出す鏡の世界。あてどもなく彷徨ううちに嶋は驚くべきものを目撃する。

病院でいままさに臨終を迎えようとする老人の姿。号泣する老婆。そして娘。その老人は嶋そのものだった。

いつの日か、この鏡の牢獄を脱出できるのだ。その希望を胸に嶋はあるともしれな出口を求めて歩きだした。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
≪   以下に    ★ HOME ★    江古田   ≫
★ カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
★ 好評発売中!
「さよならミラーマン」 ¥1600円(税込)で全国書店他amazon などで発売中。笑って泣ける70年代映画屋の疾走する舞台裏!
★ 最新コメント
[07/14 みな]
[07/13 ハナガミ王子]
[06/27 みな]
[05/13 みな]
[05/04 みな]
★ 最新記事
★ 最新トラックバック
(10/03)
(09/26)
(10/15)
(10/11)
★ プロフィール
HN:
kiyoutaro
年齢:
45
性別:
非公開
誕生日:
1971/12/05
職業:
報道カメラマン
★ バーコード
★ ブログ内検索
★ 最古記事
(09/07)
(09/08)
(09/10)
(09/11)
(09/12)
 現在、発売中の『さよならミラーマン』の86頁ー当時の制作主任、設楽氏と助監督、北村氏の対談において以下の件~ ”~志村さんは、下に優しく上には厳しい人なんです。絶対お世辞を言わない、珍しい人でした。損と言えば損ですよね。世渡りベタというか。あ、この人も出世しない人だ(笑)。*(山浦さんとの対談参照)  とあります。これは脚本家の山浦弘靖氏との対談において設定上「出世しない人」という言葉があり、それにリンクするものとして捉えておりましたが、86頁においてもスタッフ思いであり、スタッフの為に上にも媚を売らない凛とした性格ーそれ故にスポンサーなど上とはぶつかることも多く、才能があるのに出世はしずらいー という意味として対談時の通り記述させていただきました。  ですが、とらえようによっては誤解を招く文章でもありますし、また発言者となった北村氏にもご迷惑をかけかねない要素も含まれておりますので、ここに弁明並びに不用意な文法となったことをお詫び申し上げます。また、この文章を読まれて御不快に思われた方には、真意は異なるということと、不用意な文法である点に関してお詫びを申し上げるとともに、ご理解賜りたくここに敢えて記載させていただきます。 株式会社大洋図書  「さよならミラーマン」編集スタッフ一同
★ お天気情報
★ 忍者ポイント広告
★ アクセス解析

Copyright (c)鏡の国からきた男 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]