忍者ブログ
俳優、石田延之こと鏡京太郎が綴る36年間、鏡の中に封印してきた想いと未来を綴るぺーじ。
<< 08  2017/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>
[10]  [9]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 そうそう、実は本が出るんですよ。出すのは僕じゃなくて出版社さんで、文字もあちこち直して、まとめてくれてるのは、出版社の担当さんですけどね。
でも、この本、真面目な話殆ど、僕が書いてるんですよ。
ミラーマンと盗撮魔がごっちゃになってることに、憤慨した…というのは前に書きましたね。その前から、自分なりにミラーマンをまとめたい…という気持ちはあったんですヨ。
ミラーマン=鏡京太郎っていう架空の存在なんですけど、演じてた僕にとっては分身というか、もう一人の自分みたいなものです。それこそ鏡に映ったもう一人の自分です。
ですが、僕の性格なのか、それとも役者としての性格なのか、鏡に映った自分を必ずしも好きにはなれないものなのです。イエイエ、だからといって嫌いなわけもないんですね。こう、言葉に言い表すのがなんとも難しい…不思議な感情なんですよね。
番組が終わって、30年以上も経ってもう一度「鏡の向こう」の自分と向き合うことにしたのには、本にする、何かを書くことでもう一度だけ「ミラーマン」に戻ってみようか…そんな気がしたからです。だから
本の名前は『さよならミラーマン』にしました。このタイトルはちょっと意味深ですが僕なりに想いをこめたタイトル(最終回と同じですが)です。
出版社は大洋図書というところです。
10月の15日に出るそうです。
しかもその近辺でイベントもやるそうです。
いやぁ忙しいなぁ、僕。
あ、話がそれてしまった。どうやって、この本が出来上がっていったのかを
これから少しずつ明かしていきます。そうすれば何故、「さよなら」なのかが
分かっていくと思います。決して、決別とかお別れという意味での「さよなら」ではない…ということが伝われば…と思います。
あぁ、書いててどんどん照れくさくなってきた…。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
マヂで超happy♪
こんにちわ♪
京太郎さん、返事ありがとうございます☆
すごく嬉しかったです\(^О^)/
お返事にありましたが、私は確かに、変身したミラーマンも大好きですが、京太郎さん(当時も今も)も大好きなんですよ♪(お世辞抜きです。)
本のタイトル&出版社を教えてくれてありがとうございました☆
絶対本屋さんで買います!!ア――っ!!発売日が待ち遠しい~~~っ!!!(≧▽≦)
イベントも行ってみたぁ――――い!!…ですが、その辺りはテストがあるんです↓↓
残念です…イベントがうまく行くように願ってます☆
それでは今日はこのへんで。
ミラーマン、バイバイ☆★☆
河村ツバメ 2007/09/11(Tue)17:58:56 編集
追伸
お返事で、照れているところが可愛いです☆(^^)v
河村ツバメ 2007/09/11(Tue)20:49:27 編集
こんばんわです★
こんばんはミラーマン30話を見ながらコメント書いてます

『さよならミラーマン』、発売が楽しみです
イベントがあるとのことなのでとても行きたいのですが、私は岩手に住んでいるため行けそうにないですとても残念ですが、イベント応援してます

では、長くなりましたのでこの辺で失礼します。
よかったら、またブログに遊びにきてくださいね


葵★ URL 2007/09/11(Tue)22:44:02 編集
タイトルと発売日決まりましたか
表紙が朝焼けの写真だったらいいなあ。
発売日とタイトルをトップに載せさせてもらいます。
しかし、『ミラーマン』はゲスト出演の女優さんが豪華でしたよね。ウルトラシリーズのひし美さんや桜井浩子さんも出てらっしゃいましたし。
赤井 URL 2007/09/12(Wed)00:09:35 編集
開設おめでとうございます
 石田さん、ブログ開設おめでとうございます。
他の皆さん、初めまして。石田さんの本「さよならミラーマン」担当の羽田インベーダーズこと大澤と申します。なんでも、みようまねで、さささっと作ってしまう、石田さんにさすが「二次元の人」は違う!と感心することしきりです。
只今。本の方は制作追い込み真っ最中です。
出来上がりをお楽しみに!
羽田インベーダーズ 2007/09/12(Wed)11:32:10 編集
はじめまして
はじめまして。僕は中三で昨日、期末考査があって11:00ぐらいに帰って来たので勉強の前にミラーマンについて調べていたらここにだどり付きました。僕もMXでやっている「ミラーマン」見ています。毎回録画してたまったらDVDに落としています。
僕の父も円谷好きです。ちょうどミラーマンの時小学生だったらしいので。
ヨッシー URL 2007/09/12(Wed)16:41:42 編集
ありゃりゃ
 ありゃりゃ。コメント増えてますねぇ。ありがとうございます。失礼ながらまとめてコメントお返しいたしますね。
>>河村ツバメ
て、テスト!僕テスト大っ嫌い!…あ、そりゃ子供の頃のお話ですね。頑張ってくださいね。いい点取れますよように。鏡の神様にお祈りしておきますね。

>>葵★さん
岩手ですか。大丈夫ですヨ。とにかくそこいらに光るものさえあれば、ミラーマンは何所へでも行けるんですから…というのは設定のお話ですけどネ。
イベントの模様はここでも書きますし、写真とかも載せられるかと思います。お楽しみに。

>>赤井さん
お酒の強い女優さんも多かったなぁ…。

>>羽田インベーダーズかぁ。もしかしてイベントの日は黒服でくるんですか?
面倒くさがり屋だけど、やる時はやるのですよ。本、頑張ってね。

>>ヨッシーさん
はじめまして。いゃぁ中三かぁ。で、お父さんが当時中一と。ミラーマンは世代を超えてるんですねぇ…しみじみ。期末頑張ってくださいね。
Kiyoutaro 2007/09/13(Thu)15:56:34 編集
すいません…
すいません。
河村ツバメさんを呼び捨てにしてしまった…。
Kiyoutaro 2007/09/13(Thu)16:09:34 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
★ 好評発売中!
「さよならミラーマン」 ¥1600円(税込)で全国書店他amazon などで発売中。笑って泣ける70年代映画屋の疾走する舞台裏!
★ 最新コメント
[07/14 みな]
[07/13 ハナガミ王子]
[06/27 みな]
[05/13 みな]
[05/04 みな]
★ 最新記事
★ 最新トラックバック
(10/03)
(09/26)
(10/15)
(10/11)
★ プロフィール
HN:
kiyoutaro
年齢:
45
性別:
非公開
誕生日:
1971/12/05
職業:
報道カメラマン
★ バーコード
★ ブログ内検索
★ 最古記事
(09/07)
(09/08)
(09/10)
(09/11)
(09/12)
 現在、発売中の『さよならミラーマン』の86頁ー当時の制作主任、設楽氏と助監督、北村氏の対談において以下の件~ ”~志村さんは、下に優しく上には厳しい人なんです。絶対お世辞を言わない、珍しい人でした。損と言えば損ですよね。世渡りベタというか。あ、この人も出世しない人だ(笑)。*(山浦さんとの対談参照)  とあります。これは脚本家の山浦弘靖氏との対談において設定上「出世しない人」という言葉があり、それにリンクするものとして捉えておりましたが、86頁においてもスタッフ思いであり、スタッフの為に上にも媚を売らない凛とした性格ーそれ故にスポンサーなど上とはぶつかることも多く、才能があるのに出世はしずらいー という意味として対談時の通り記述させていただきました。  ですが、とらえようによっては誤解を招く文章でもありますし、また発言者となった北村氏にもご迷惑をかけかねない要素も含まれておりますので、ここに弁明並びに不用意な文法となったことをお詫び申し上げます。また、この文章を読まれて御不快に思われた方には、真意は異なるということと、不用意な文法である点に関してお詫びを申し上げるとともに、ご理解賜りたくここに敢えて記載させていただきます。 株式会社大洋図書  「さよならミラーマン」編集スタッフ一同
★ お天気情報
★ 忍者ポイント広告
★ アクセス解析

Copyright (c)鏡の国からきた男 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]