忍者ブログ
俳優、石田延之こと鏡京太郎が綴る36年間、鏡の中に封印してきた想いと未来を綴るぺーじ。
<< 04  2017/05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    06 >>
[99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [89]  [88
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

JR目黒駅から、目黒通を大鳥神社方面に向かうと、途中緩やかな下り坂になっている。その坂を下りきった所に小原晋吉の新店舗はあった。

 三十坪ほどある店内では、小原をはじめ、厨房スタッフ3人、フロアースタッフ4人が夕方からの新規開店に向け忙しく動いていた。

「オーナー、ロビー花外に並べますがいいですか」

 フロアースタッフの佐伯が小原に聞いて来た。

「ああ、頼む」

 答え、店内に置かれた五台のロビー花を見た小原は、その中の一台に目が止まった。

 送り主は、嶋 暁彦であった。

 小原は十数年前、リストラされたのを期に脱サラし、長年の夢であったレストラン経営を始めた。だが、経営に関しては素人の悲しさか、店は失敗に終わり多額の負債を抱える事になってしまった。
それが元で妻子には逃げられ、その後は、屋台を引きその日暮らしの生活を送っていたのだ。

ところが、ひょんな事から元レーサー嶋暁彦と知り合った。自分同様に過去に購いきれない傷を持った嶋に、どことなく同じ影を見たからかもしれなかったし、単に同じアパートの住人というよしみだったかもしれない。

 だが、しばらくしてその嶋が、
「人生をやり直してくれ」

と、どの様にして手に入れた金なのかわからなかったが、多額の金額を渡してくれたのだ。

「・・・嶋さん。ここまで漕ぎ着けられたのは、あなたのお蔭だ・・・」

 小原は、呟く様な声で感謝の気持ちを口に出した。

その嶋暁彦が、今日の開店祝いに来てくれる事になっているのだ。

腕時計を見ると、時計の針は340分を指している。

「開店まで、あと一時間と少ししかないぞ! 準備急いでくれ!」

 小原は、スタッフに声をかけた。

「はい!」

 威勢のいい返事が返って来る。

と、入口ドアが開き、ロビー花を外へ飾り置きに出ていた佐伯が血相を変え小原を呼んだ。

「オーナー、一寸来て下さい! 変なんです!」

「どうした?」

 小原が外へ出ると 通りでは大勢の人たちが西の空を見上げている。

「あれ・・・。何でしょうね?!」

 佐伯は怪訝な顔で空を指差した。

 見ると、茜色に染まりだした空に、竜雲が天空を舞うように幾つも浮んでいた。

 その雲は、自らが自発的に発しているのか不気味な色を発している。

「気持ちの悪い雲だな・・・。生きているみたいだ」

「・・・そうだな・・・。それより佐伯君、開店は5時だ、急いでくれ!」

 言って小原は店内に戻ろうとした。

 その時、地の底で地鳴りが響いてきているのが耳に入った。まるで下手糞なドラマーが狂ったように、ビートを刻んでいるような低音が、次第に大きくなり、我慢ならんといった感じでそれが突きあげてきた。

大地がなにかに怒るかのように、奇怪な音をたてていた。

 堪らず小原は地面に這いつくばった。

  「地震か!?」

 目の前の道路がうねっていた。走行中の車は軋み、ブレーキで悲鳴を上げた。それでもハンドルを取られたのか、四方八方に飛び出すと電柱にぶつかったり、落下物に遮られるかして止まっていた。 
突然の異変に人々は逃げ場を失い右往左往していた。一歩前に進もうにも揺れが激しく、下手糞な波乗りのようにぐらついては倒れている。そこへ、割れたガラスや、飛びだした家具が降り注いでは、惨状を広げていった。

頭を両手で庇い小原は地面につっぷしているより術がなかった。
PR
★ カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
★ 好評発売中!
「さよならミラーマン」 ¥1600円(税込)で全国書店他amazon などで発売中。笑って泣ける70年代映画屋の疾走する舞台裏!
★ 最新コメント
[07/14 みな]
[07/13 ハナガミ王子]
[06/27 みな]
[05/13 みな]
[05/04 みな]
★ 最新記事
★ 最新トラックバック
(10/03)
(09/26)
(10/15)
(10/11)
★ プロフィール
HN:
kiyoutaro
年齢:
45
性別:
非公開
誕生日:
1971/12/05
職業:
報道カメラマン
★ バーコード
★ ブログ内検索
★ 最古記事
(09/07)
(09/08)
(09/10)
(09/11)
(09/12)
 現在、発売中の『さよならミラーマン』の86頁ー当時の制作主任、設楽氏と助監督、北村氏の対談において以下の件~ ”~志村さんは、下に優しく上には厳しい人なんです。絶対お世辞を言わない、珍しい人でした。損と言えば損ですよね。世渡りベタというか。あ、この人も出世しない人だ(笑)。*(山浦さんとの対談参照)  とあります。これは脚本家の山浦弘靖氏との対談において設定上「出世しない人」という言葉があり、それにリンクするものとして捉えておりましたが、86頁においてもスタッフ思いであり、スタッフの為に上にも媚を売らない凛とした性格ーそれ故にスポンサーなど上とはぶつかることも多く、才能があるのに出世はしずらいー という意味として対談時の通り記述させていただきました。  ですが、とらえようによっては誤解を招く文章でもありますし、また発言者となった北村氏にもご迷惑をかけかねない要素も含まれておりますので、ここに弁明並びに不用意な文法となったことをお詫び申し上げます。また、この文章を読まれて御不快に思われた方には、真意は異なるということと、不用意な文法である点に関してお詫びを申し上げるとともに、ご理解賜りたくここに敢えて記載させていただきます。 株式会社大洋図書  「さよならミラーマン」編集スタッフ一同
★ お天気情報
★ 忍者ポイント広告
★ アクセス解析

Copyright (c)鏡の国からきた男 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]