忍者ブログ
俳優、石田延之こと鏡京太郎が綴る36年間、鏡の中に封印してきた想いと未来を綴るぺーじ。
<< 06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
[102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 数分間、揺れは続いた。やがて、大地のドラムがこんどは、唐突に消えた気がした。どうやら地震は納まったものらしかった。

小原が目を開けてみると
凄まじい光景が目の前にあった。

 道路を隔てて林立するビル群には目に見える大きな亀裂が入り、そこかしこで黒煙を噴き上げている。
道路は地割れによって陥没し、あちこちで水道が噴出している。怪我をした人達の助けを求める声が唸りのように聞えて来る。ついさっきまで、目の前で営業していた筈の店は、そこには何もなかったかのように崩れ去っていた。大震災は知らない小原だったが、それまでに経験した地震の揺れとは、どこか異なる揺れであった。

「何てこった!佐伯!皆!大丈夫か!」

 従業員の安否を気遣い小原が叫んだ。

「大丈夫です!」

 落ちて来たガラスの破片で切ったのであろうか、額から血を流した佐伯が答えた。

 店は辛うじて原形をとどめていたが、厨房から小さな火の手が上がりスタッフが消火にあたっていた。あちこちに亀裂が入っている。幸い、新しい物件であることと、資金が潤沢だったこともあり、設計には念が入っていた。その為か店はしっかりと大地に根を張っているように見えた。

 スタッフの無事を確認した小原は全身の埃や破片を払った。

 漸く、人心地ついた思いで空を見上げた。

 竜雲が朱色に染まる天空を覆い隠すように、突如湧き出た分厚い雲の中へ吸い込まれ、かき消えて行くのが見えた。

 まるで、本当に竜が尾をくねらせて雲間に消えてゆくような、生き物のように見えた。雲は天変地異を予言することがある。あの空の色と言い、竜のような形と言い、雲が地震を招き寄せたのでは?と一瞬思わせるような不気味な雲であった。

「嶋さん!…嶋さんや蔵元さんは大丈夫だろうか!」

 破壊された街並みを前に、小原は二人の安否を気遣いポケットから携帯電話を取り出した。

「オーナー!あれは何ですか!?」

 佐伯がスットンキョな声を出し、小原に声をかけて来た。

 佐伯が促す方向を見ると、崩れ落ちた目黒新橋手前の空間が陽炎のように歪み、その歪む空間に出来た裂け目の中に黒い影のような物が入って行くのが見えた。ゆらゆらとしているようで、明らかに確かな形を持っている。

 黒い影が消えた後、空間は何事もなかったように歪みも消え、黒煙と炎にあぶられるかのように惨状が横たわっている。

「何なんだあれは!?」

 小原は声にならない声で言い、錯覚でない事を確かめるように佐伯と顔を見合わせた。

不思議な現象であった。

破壊された街に立つ二人は、言葉を失いただ呆然と立ちつくしていた。


 

…つづく

PR
★ カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
★ 好評発売中!
「さよならミラーマン」 ¥1600円(税込)で全国書店他amazon などで発売中。笑って泣ける70年代映画屋の疾走する舞台裏!
★ 最新コメント
[07/14 みな]
[07/13 ハナガミ王子]
[06/27 みな]
[05/13 みな]
[05/04 みな]
★ 最新記事
★ 最新トラックバック
(10/03)
(09/26)
(10/15)
(10/11)
★ プロフィール
HN:
kiyoutaro
年齢:
45
性別:
非公開
誕生日:
1971/12/05
職業:
報道カメラマン
★ バーコード
★ ブログ内検索
★ 最古記事
(09/07)
(09/08)
(09/10)
(09/11)
(09/12)
 現在、発売中の『さよならミラーマン』の86頁ー当時の制作主任、設楽氏と助監督、北村氏の対談において以下の件~ ”~志村さんは、下に優しく上には厳しい人なんです。絶対お世辞を言わない、珍しい人でした。損と言えば損ですよね。世渡りベタというか。あ、この人も出世しない人だ(笑)。*(山浦さんとの対談参照)  とあります。これは脚本家の山浦弘靖氏との対談において設定上「出世しない人」という言葉があり、それにリンクするものとして捉えておりましたが、86頁においてもスタッフ思いであり、スタッフの為に上にも媚を売らない凛とした性格ーそれ故にスポンサーなど上とはぶつかることも多く、才能があるのに出世はしずらいー という意味として対談時の通り記述させていただきました。  ですが、とらえようによっては誤解を招く文章でもありますし、また発言者となった北村氏にもご迷惑をかけかねない要素も含まれておりますので、ここに弁明並びに不用意な文法となったことをお詫び申し上げます。また、この文章を読まれて御不快に思われた方には、真意は異なるということと、不用意な文法である点に関してお詫びを申し上げるとともに、ご理解賜りたくここに敢えて記載させていただきます。 株式会社大洋図書  「さよならミラーマン」編集スタッフ一同
★ お天気情報
★ 忍者ポイント広告
★ アクセス解析

Copyright (c)鏡の国からきた男 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]