忍者ブログ
俳優、石田延之こと鏡京太郎が綴る36年間、鏡の中に封印してきた想いと未来を綴るぺーじ。
<< 06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
[89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 先日の東京・秋葉原の殺傷事件。皆さんもご記憶だと思います。たった5分ほどで7人もの何の関係もない人の命が、消えて、いえ故意に消されてしまったことに対する驚き、怒り…。事件を知った人にも色々と思いは沸いてきていることでしょう。
事件から2日が経ちました。既に犯人が掲示板でしていたらしいやり取りや、いわゆるオタクといわれる層であること、複雑な家庭環境…などなど色々と見えてきました。
事件のことをここでとやかく言うつもりはありません。嫌なのはまたぞろ「やはり犯人はロリコンのオタクで~」と不用意に見出しが付けられることです。結局、こういう記事を見るとおたくをいっしょくたにしてしまうことが嫌なのです。
僕の世代、現在50~60代というのは「オタク」という言葉に別々の反応をもつようです。いわゆる「よくない印象」と「ひとつのことに夢中になれる羨ましい人」と言ってもいいかと思います。
僕はいわゆる「オタク」と言われる要素があまりありません。長い時間をずっとかけ続けている趣味というのもそれほどありません。ですが、僕がよく会う人たち、お仕事で、ファンの人たち、やっぱりオタクと呼ばれる人です。ただ、記憶力、知識、なにかしら”とても僕には敵わない、なれそうもない”ものを持っています。それもあんまり本人は意識してません。でも、様々なことで力になってくれる頼もしい援軍です。ある批評家のかたがおっしゃってたんですが「同じオタクでもアニメと特撮は違いがあるんですよ」と。そりゃ、好きになる対象が違うんだから当然でしょう。だからといって、二次元の女の子に興味を持つからといって、今のご時世「そりゃおかしい」とは言えません。そういうモノの見方もありなのです。
この間の通り魔の時も「ゲームおたくで~」「現実とヴァーチャルの区別がつかなくなるからゲームは規制すべき」みたいな、何か意図的に方向性をもった報道があったようなきがします。
そういった「反オタクにこじつけよう」的な報道が今回も起きないことを願います。オタクかどうかと、犯罪の原因は別のところにあるのだと。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
分類にこじつけるのは止めて欲しい
京太郎さん、こんばんは
どうして、人間は分類しようとするのでしょう?
特に報道陣は、その傾向があります。
今回の通り魔犯人についても、何かとこじつけて分類しようとしているようですが…
人は、みなそれぞれで、オタクと呼ばれる人も、俳優と呼ばれる人も、みなそれぞれで、簡単に分類なんて出来ないです!
いや、しちゃいけないんです!!
ひとりひとりが、違っているから、恋人のことを知りたくなったり、たとえ、親子であっても、お互いのことが理解出来ない時がある。
これがあるから、人間関係は、難しい…逆に言えば、面白い。
だから、報道陣の方々に、私は言いたい…人間は簡単に分類出来るものではありませんよ!たまたま同じ趣味だったりしている人にとっては、えらい迷惑です。
MISSHAN 2008/06/10(Tue)19:07:21 編集
スタジオジプリの映画。
京太郎さん、こんばんは
京太郎さんも、ジプリの映画を観ているのを知り、何だか嬉しい気持ちになりました。
ジプリの映画は、今の環境問題に向けてのメッセージが込められている映画が多いですものね。
その代表作が、「風のナウシカ」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「ぽんぽこ狸大合戦」と次々と思い出します…私は、ジプリの映画ファンでもあります。ジプリ映画は、私が住んでいる武蔵野近辺を舞台に描かれている作品もあり、とても身近に感じたりします。
私の住んでいる府中市は、緑が多い町です。
緑を観ると、ホッとするというか、癒される気分になるのは、やはり人間も動物の仲間だからでしょうね。しかし、何を勘違いしているのか、人間だけが暴走して自然を壊してしまい、仲間である動物達にひどい仕打ちばかりしている…悲しい現状ですよね。
京太郎さんのお言葉に甘えて、私も少し語らせていただきました。
今回の更新は、殺人事件と環境問題。とても、大事なテーマだけど、重くて固い雰囲気になっていると思うのは、私だけ?
今度は、楽しいまでいかなくても、ちょっとでも、みんなが、幸せな気持ちになれるような話しをしたいですね。
私は、こうして京太郎さんとお話し出来て、指名でお返事コメントをいただければ、それだけで幸せですけど
MISSHAN 2008/06/10(Tue)21:02:58 編集
無題
今晩は。                    秋葉原の事件、皆さん、心を痛めてると思います。 石田さん同様、報道を額面通りに受け取らずに、真実がどこにあるのか-                物事の本質を見つめられるひと達が、いっぱい増えればいいなぁと思います。世代に関係無く...
 そしてまた、いつも冷静に本質を見極めようとなさってる石田さんにホッとするのです。        生意気な事を言ってしまいました。石田さんのブログでの表現が、いつも自然体で的確なので、ついコメントしてしまいました。
きよたん 2008/06/10(Tue)22:09:44 編集
暴力はやめてもらいたい
こんばんは。

この事件・・・色々な放送局のニュースでやっていますね。個人的には秋葉原には「温厚な人が多くとても安全な電気街」というイメージが強くあそこはまずこんなことは無いなと思っていたので驚きです。こういう事件があると外を歩くのが少し怖くなっていまいます(って言っても毎日駅まで歩いたりしているんですけどね)

 また、石田さんが書いていられるように中には「これだからオタクは・・・」などの「反オタク」という事が出てこないことを願いたいと思います。趣味は自由だしその趣味・個性を尊重しなければならないと思います。
 どうであれ今回は「暴力」「殺人」などが起こってしまいました。「表現の自由」はありますが暴力などでは解決してもらいたくないと思います。
ヨッシー URL 2008/06/10(Tue)22:40:08 編集
ガンバラナクッチャ
こんばんは。 信じられない事件ばかり起きて、イヤな世の中になりました。正直、私は「オタク」という言葉には、良い印象はありませんが、今回のような事件があるたび、オタクが引き合いに出されるのも、違うと思います。持論ですが・・・子供を躾できない親が、あまりにも多すぎる!放ったらかしにしているので、子供は好き勝手し放題、我慢する事も教えない、善悪の区別ができない・・・。その原因は親の責任が大部分だ!なんて書くと、反論ゾクゾク・・・かも知れないので、このあたりで。皆さんは、どのようにお考えでしょうか?
ハナガミ王子 2008/06/11(Wed)00:39:36 編集
そうですね
私は、オタクという言葉は、あまり使いません。と言うより、特に意識していません。私は「専門家」という言葉で表現しています。
世間的に偉い(何が?)と呼ばれる批評家が、物事の落とし所、決着点を安易にコジツケてしまうのは多々ある事で、残念でもあります。
今回の事件も安易には語れませんが、他人事てではなく、「社会の様々な歪を、一人の人間が噴出してしまった」との一面もあると思います。私は、「特撮番組」から色々の事を学び、「自制」している部分もあると思っています。
こういう時だけ、「オタク云々」を引き合いに出すのではなく、常日頃から「良い点」も語ってもらいたいですね。我々が語り(発信し)続けるしかありませんが・・・。
NWF URL 2008/06/11(Wed)09:14:59 編集
無題
 みなさん、どうもです。色々と意見していただけてありがとうございます。何か、事が起こると原因をそこにかこつけてスケープゴートにしようとするのは、昔からありましたね。子供がけがをしたのはライダーごっこをしていたから、だから「仮面ライダー」はよくない、なんてのがあったと覚えてます。みやうっちゃん(宮内 洋・V3)が聞いたら、ぶちきれるでしょうけど。
 マスコミが騒ぐのはいいんだけど、結局それで何が解決するわけでもなく、一過性のものでしかなく、物事の本質は見えないまま。で、関係のない人がトバッチリを受ける…そういうのが嫌なだけです。
 
 オタクと言えば…まぁここでお馴染みの羽インなんて完全にオタクなわけです。夏になると新しいパソコンを組みたてたくなるという病気があるらしく、秋葉でパーツ探し。で、巨大ヒーローと恐竜と時代劇が大好き。夏になるとパソコン組み立てて、糠漬け作ってるという、一体どういう子供だったのかな?と思うような人です。NWFさんの言うように専門家と呼んだこともありますが「怪獣退治は出来ません」と返されました。ギャグの意味に気づくのに時間かかりましたねぇ。

 ハナガミ王子さんの意見は至極もっともだと思いますよ。ただ、親の責任と一言で片づけてしまうのは誤解を生むと思います。無論、親にも責任の一端はあると思いますが、今回の場合成人しているし、何より親元を離れ自活していたわけです。勿論、育てる過程で何かあったのかもしれませんが…。
 僕は親とか家庭というより、やっぱりそのひと自身だと思うんですよ。これは親としての意見ですけどね。
Kiyoutaro 2008/06/11(Wed)13:06:53 編集
コメント2
>>きよたんさん
えっと、的確かどうかは分かりませんが、いついかなる時でもコメントはOKですよ。本質というか、物事には色んな見方があると思うんですよ。一を聴いて十を知れとはいいませんが、一つの物事には色々な側面があるということを報道する側も、また聴く側ももっていてくれればいいと思います。

>>ヨッシーさん
今はそうでもないみたいですよ。元々あそこは電気街でしたが、90年代の末にパソコン街のイメージ、いまでは萌とかオタクの集う繁華街的なイメージのほうが強いはずです。少なくとも、昔に比べると温厚ではなくなりつつあると思いますよ。おたく狩り事件とかありましたからね。

>>MISSHANさん
僕も昔経験しましたけど、マスコミが怖いと思うことは、時折誰かが陰で糸を引いているように右に倣うことがあるのです。事実ではなく、こういう結果に持っていきたいから、そういう方向で話をまとめてしまおう、と。
 今回のように、動機が不鮮明だとそれをはっきりさせる代わりに何かをこじつけようとしがちです。そうしないと、読んでる方が安心しないし、他の事実関係が出てくるまでのつなぎかもしれませんけどね。

 こういう気分の時は宮崎アニメでも「トトロ」とかのほうがお勧めですね。子供の頃の裏山というか近所があんな感じ(もっと欝蒼としてたかな…)。
Kiyoutaro 2008/06/11(Wed)18:31:01 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
★ 好評発売中!
「さよならミラーマン」 ¥1600円(税込)で全国書店他amazon などで発売中。笑って泣ける70年代映画屋の疾走する舞台裏!
★ 最新コメント
[07/14 みな]
[07/13 ハナガミ王子]
[06/27 みな]
[05/13 みな]
[05/04 みな]
★ 最新記事
★ 最新トラックバック
(10/03)
(09/26)
(10/15)
(10/11)
★ プロフィール
HN:
kiyoutaro
年齢:
45
性別:
非公開
誕生日:
1971/12/05
職業:
報道カメラマン
★ バーコード
★ ブログ内検索
★ 最古記事
(09/07)
(09/08)
(09/10)
(09/11)
(09/12)
 現在、発売中の『さよならミラーマン』の86頁ー当時の制作主任、設楽氏と助監督、北村氏の対談において以下の件~ ”~志村さんは、下に優しく上には厳しい人なんです。絶対お世辞を言わない、珍しい人でした。損と言えば損ですよね。世渡りベタというか。あ、この人も出世しない人だ(笑)。*(山浦さんとの対談参照)  とあります。これは脚本家の山浦弘靖氏との対談において設定上「出世しない人」という言葉があり、それにリンクするものとして捉えておりましたが、86頁においてもスタッフ思いであり、スタッフの為に上にも媚を売らない凛とした性格ーそれ故にスポンサーなど上とはぶつかることも多く、才能があるのに出世はしずらいー という意味として対談時の通り記述させていただきました。  ですが、とらえようによっては誤解を招く文章でもありますし、また発言者となった北村氏にもご迷惑をかけかねない要素も含まれておりますので、ここに弁明並びに不用意な文法となったことをお詫び申し上げます。また、この文章を読まれて御不快に思われた方には、真意は異なるということと、不用意な文法である点に関してお詫びを申し上げるとともに、ご理解賜りたくここに敢えて記載させていただきます。 株式会社大洋図書  「さよならミラーマン」編集スタッフ一同
★ お天気情報
★ 忍者ポイント広告
★ アクセス解析

Copyright (c)鏡の国からきた男 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]