忍者ブログ
俳優、石田延之こと鏡京太郎が綴る36年間、鏡の中に封印してきた想いと未来を綴るぺーじ。
<< 06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
[137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 歳をとったせいか、世情に疎いのに、色々なことが気なりだしてきます。ネットニュースからこんなものが。
”字幕神逮捕”
てっきり、字幕の神というからには、洋画字幕の戸田なんとかさんが捕まったのかと思ったら、共有ファイルで海外の映像に勝手に字幕を付けて、アップロードしていた人が捕まったということでした。
ま、戸田さんが捕まる理由ないもんねぇ(さん付けしてますが一面識もない)。

要は、ビデオの創世記にあった「海賊版」をネット上で作ってた人がいた、ということですね。しかもその字幕の付け方が実に上手なので、「字幕神」と呼ばれていた、と。

お金を取っていたわけではなく、まぁ単に好きでやっていたのだろうけど、いわゆる著作権侵害にはあたるんですね。なんか、才能の浪費みたいで、ちょっと寂しいニュースですね。

さて、動画と言えば、本を出した時に僕も変身ポーズやら、新宿のイベントやらと映像をアップしましたが、あれに字幕というかコメントを付けて、見れるところもあるのだそうな。恥ずかしいので見たくはないが、面白いコメントとかついてるのならそこだけは見てみたい気がします。
ああいう場所にアップされる他の動画とかも含めてですが、著作権というのは本当に多種多様化してて、厄介なものなんだろうな…と思います。

と、長い前ふりの後で思い出したのですが…、それほど昔ではないんですが携帯の着ボイスというのに声を録音させてくれ、というものがありました。「ミラーマン」の掛け声は僕の声を使ってますから、別に映像からとればいいのに…と思っていたし、てっきり何かの仕事だと思ってたんですね。
ところがよくよく聞いてみると仕事じゃなくて、知り合いから頼まれた…と。しかも「この台詞を言ってください」ってシナリオまで出来てるのね。正直な話、持ってきた方もほうだけど、作る方も作る方だと呆れたことがあります。
その台詞というのも、ミラーマンとかとは関係なくて、完全にオリジナルの脚本のようなものでした。ただ、何に使うのか、実はよく知らないと。

結局、声も吹きこまなかったし、話を持ってきた方とも疎遠になったので「声を録音する目的」は分からずじまいでしたが…なんというか、ちょっと気持ち悪かったんですね。 
仕事柄、自分の映像や音声が仕事と関係ないところで、勝手に使われるのはまぁしょうがないことだろうし、本人が一生懸命、映像から抜いたり、音声合わせたりしてる姿を想像すると微笑ましくも(著作権的にどうかは知りませんが)あるんですが、あんな風にごく当たり前のような、仕事のような顔をして持ってこられると、さすがにへこみますね。

因みに、こういう話「声優」さんの世界では「しょっちゅう」なんだそうです。

こうしてみると、前の話ですが宇佐美先生は早い段階からそういうプロ意識をお持ちだったんだなぁ…と今にして思います。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
無題
京太郎さん、こんにちは
著作権問題は、海賊版が代表的ですが、他には、文章表現やメロディで、裁判になったり、知らないで自分の本に書いてしまい、芸能界から一時消えたタレントさんがいたのを思い出しました。
着ボイスの件ですが、是非ともその特長のある京太郎さんの声で、「メールだよ」とか、「電話だよ」というセリフで、携帯電話に使用したいと思っています。サイトで、ダウンロード出来るようにお願い出来ませんか?
MISSHAN 2008/09/26(Fri)15:50:46 編集
無題
 こんにちは。人様の前で観て頂いたり聴いて頂いたりというお仕事の方は、本当に大変だと思います。では、どこからどこまで気を付ければいいのか、ブロックするのも容易ではないと、私など素人ながら思ってしまいます。石田様は先輩方にも恵まれていたのですね。
きよたん 2008/09/26(Fri)16:12:57 編集
出会いは、ミラクルで、素敵な偶然です!
京太郎さん、こんばんは
きよたんさん、こんばんは。
京太郎さんは、ご自身が誠実で、真面目なお方だから、きっと、御手洗博士役の宇佐美さん他、良き先輩やお仲間との出会いがあったのだと、思います。
懐かしいフレーズを引っ張り出して来て恐縮ですが…。
京太郎さんにとって、人生の師が宇佐美さんなら、私やこのブログのお仲間さんにとって、京太郎さんが人生の師です。
このミラクルな素敵な偶然の出会いに恵まれたことに感謝して大切にして行きたいです。
MISSHAN 2008/09/26(Fri)19:46:53 編集
無題
京太郎さん、こんにちは
今、親として、大人としてやるべき事。
京太郎さんに、改めて教えていただいて、勉強になります。
どうもありがとうございます。
MISSHAN 2008/09/27(Sat)13:49:45 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
★ 好評発売中!
「さよならミラーマン」 ¥1600円(税込)で全国書店他amazon などで発売中。笑って泣ける70年代映画屋の疾走する舞台裏!
★ 最新コメント
[07/14 みな]
[07/13 ハナガミ王子]
[06/27 みな]
[05/13 みな]
[05/04 みな]
★ 最新記事
★ 最新トラックバック
(10/03)
(09/26)
(10/15)
(10/11)
★ プロフィール
HN:
kiyoutaro
年齢:
45
性別:
非公開
誕生日:
1971/12/05
職業:
報道カメラマン
★ バーコード
★ ブログ内検索
★ 最古記事
(09/07)
(09/08)
(09/10)
(09/11)
(09/12)
 現在、発売中の『さよならミラーマン』の86頁ー当時の制作主任、設楽氏と助監督、北村氏の対談において以下の件~ ”~志村さんは、下に優しく上には厳しい人なんです。絶対お世辞を言わない、珍しい人でした。損と言えば損ですよね。世渡りベタというか。あ、この人も出世しない人だ(笑)。*(山浦さんとの対談参照)  とあります。これは脚本家の山浦弘靖氏との対談において設定上「出世しない人」という言葉があり、それにリンクするものとして捉えておりましたが、86頁においてもスタッフ思いであり、スタッフの為に上にも媚を売らない凛とした性格ーそれ故にスポンサーなど上とはぶつかることも多く、才能があるのに出世はしずらいー という意味として対談時の通り記述させていただきました。  ですが、とらえようによっては誤解を招く文章でもありますし、また発言者となった北村氏にもご迷惑をかけかねない要素も含まれておりますので、ここに弁明並びに不用意な文法となったことをお詫び申し上げます。また、この文章を読まれて御不快に思われた方には、真意は異なるということと、不用意な文法である点に関してお詫びを申し上げるとともに、ご理解賜りたくここに敢えて記載させていただきます。 株式会社大洋図書  「さよならミラーマン」編集スタッフ一同
★ お天気情報
★ 忍者ポイント広告
★ アクセス解析

Copyright (c)鏡の国からきた男 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]