忍者ブログ
俳優、石田延之こと鏡京太郎が綴る36年間、鏡の中に封印してきた想いと未来を綴るぺーじ。
<< 09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [123]  [122]  [121
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今日はお日柄もよく…なんか小説の続編でも浮かんでこないかな…と夢想していた次第です。

今回のウルトラ兄弟映画ですが、何せ映画館で見るのは初めて(だと思う)なのですが、おそらくCGは前の作品よりも増えているだろうし、出来栄えもよくなっているとのことです。

僕らの世代はどうしても、まず最初にCGに違和感とか良くない感情を持ちやすいようです。僕も、今のCGをふんだんに使った映画よりは昔の映画のミニチュアとかに懐かしさは感じます。ただ、単に製作費を浮かすためとか、流行とかじゃなくCGを使うべきところに使っている映画、TVならむしろいいかな?と思います。
「ゴジラ」もそうですが、「ウルトラ~」も昔からの熱心なファンがいると、どんなものを作っても、好き嫌いは分かれてしまいます。
寧ろ大切なのは「ウルトラマン」という円谷を、否、日本を代表するヒーローを試行錯誤して残していこうとする気持ちの強さだと思います。
そういう「気持ちの強さ」というもの自体が、おそらく円谷さんがずっと伝えてきたものであり。それを見て育った人たちが、またその気持ちを伝えようとしている…。大袈裟ですが、世代を越えて行けるというのは素晴らしいことだな…と思います。
家族向け、子供向け、そしてファンの為の映画ですが、「続けることの大切」さというテーマを僕は感じた気がします。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
無題
京太郎さん、こんばんは
続けて行くというのは、何であれ、大変な事ですもの、大事にしたいものです。
世代を越えて、是非ともウルトラマンは、引き継がれて続いて行って欲しいです。
世の中、長続きせずに、途中で放り投げたり、中途半端で終わってしまう事が多いですものね。私も、含めて…。
MISSHAN 2008/09/17(Wed)18:28:30 編集
こんにちは
続々と新作が作られる「ウルトラマン」は、やはり偉大ですね。ウルトラマン続々→続・ウルトラマン→帰ってきたウルトラマン、で思い出したのですが(笑)、いえ、「ミラーマン」が、帰ってきたウルトラマンと同時期だったということで。「ミラーマン」放映開始の頃、どこからだったか、「ミラーマン」番組宣伝のパンフレットが送られて来たことがありました。広げるとポスターになるものだったと思います。いま残っていれば、かなりの貴重品ですね。「さよならミラーマン」にも番組宣伝の資料などが載っていましたが、京太郎兄さんも御覧になるものなのでしょうか?(感想から、かなりズレましたが。)
ハナガミ王子 2008/09/18(Thu)11:44:04 編集
無題
こんにちは。
本に載っていた資料や写真は大部分が、自分所有のものです。ただ、当時、きちんと見た記憶はないんですよね。そもそも、自分の写真がどこに使われたかとか、殆ど知りませんでした。
今なら、二次使用云々で騒ぐところですけどね。
Kiyoutaro 2008/09/18(Thu)13:50:38 編集
京太郎さんの写真。
京太郎さん、こんにちは
以前に了解を得て、安心していたのですが、二次使用で騒ぐと言われて、急に心配になりました。
私が参加しているホームでのプロフィールに、ミラーマン当時の写真の使用は、いいんでしたよね?
それでは、近影写真の使用は、だめですか?
京太郎さんにだけは、叱られたくないので、改めて許可をお願いします。
MISSHAN 2008/09/18(Thu)14:09:30 編集
無題
>>MISSHANさん

 すいません。おっしゃってることがよくわかりません。
HOME? それに当時の写真? ってどこでどうやってなんなのか、こちらの勉強不足で申し訳ないのですが、よく分かりません。
Kiyoutaro 2008/09/18(Thu)16:31:08 編集
追伸
 過去のコメントをひっくりかえしてみました。今年の頭ごろの話ですよね。

 マイミクとかのプロフィール用の写真のことですよね。どの写真かまでは存じませんがああいう場所はみなさん、好きな写真やイラストを使っているのでしょうから、ご自由に。
Kiyoutaro 2008/09/18(Thu)17:01:34 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
★ 好評発売中!
「さよならミラーマン」 ¥1600円(税込)で全国書店他amazon などで発売中。笑って泣ける70年代映画屋の疾走する舞台裏!
★ 最新コメント
[07/14 みな]
[07/13 ハナガミ王子]
[06/27 みな]
[05/13 みな]
[05/04 みな]
★ 最新記事
★ 最新トラックバック
(10/03)
(09/26)
(10/15)
(10/11)
★ プロフィール
HN:
kiyoutaro
年齢:
45
性別:
非公開
誕生日:
1971/12/05
職業:
報道カメラマン
★ バーコード
★ ブログ内検索
★ 最古記事
(09/07)
(09/08)
(09/10)
(09/11)
(09/12)
 現在、発売中の『さよならミラーマン』の86頁ー当時の制作主任、設楽氏と助監督、北村氏の対談において以下の件~ ”~志村さんは、下に優しく上には厳しい人なんです。絶対お世辞を言わない、珍しい人でした。損と言えば損ですよね。世渡りベタというか。あ、この人も出世しない人だ(笑)。*(山浦さんとの対談参照)  とあります。これは脚本家の山浦弘靖氏との対談において設定上「出世しない人」という言葉があり、それにリンクするものとして捉えておりましたが、86頁においてもスタッフ思いであり、スタッフの為に上にも媚を売らない凛とした性格ーそれ故にスポンサーなど上とはぶつかることも多く、才能があるのに出世はしずらいー という意味として対談時の通り記述させていただきました。  ですが、とらえようによっては誤解を招く文章でもありますし、また発言者となった北村氏にもご迷惑をかけかねない要素も含まれておりますので、ここに弁明並びに不用意な文法となったことをお詫び申し上げます。また、この文章を読まれて御不快に思われた方には、真意は異なるということと、不用意な文法である点に関してお詫びを申し上げるとともに、ご理解賜りたくここに敢えて記載させていただきます。 株式会社大洋図書  「さよならミラーマン」編集スタッフ一同
★ お天気情報
★ 忍者ポイント広告
★ アクセス解析

Copyright (c)鏡の国からきた男 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]