忍者ブログ
俳優、石田延之こと鏡京太郎が綴る36年間、鏡の中に封印してきた想いと未来を綴るぺーじ。
<< 09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 新宿歌舞伎町といえば風俗のメッカ…と言われるようになったのは最近のこと。映画の世界に憧れ、上京し、右も左もわからぬままにその世界に入り込んだ僕たちにとって、歌舞伎町といえば新宿コマだったり、新宿プラザ劇場でした。

そのコマも、プラザも11月くらいで閉館するそうです。建物自体が老朽化していることもありますが、新宿自体、映画館が多いところなので競争もあるだろうし、何より映画館の在り方が変わってきた、とのことです。

今ではありませんが、有楽町では有楽座、テアトル東京、松竹セントラルなどとにかく大型の劇場がひしめいていました。「2001年宇宙の旅」「ベンハー」「未知との遭遇」…いわゆるでかいスクリーンがある劇場=収容人数の多い大型劇場というものが続々と消えはじめ、新宿プラザはその最後の大型劇場でした。

今ではシネコンといって、一つの建物に映画館が複数入っているものが一般的になっており、大型で単館の劇場は採算が難しくなってきているのだそうです。

今でもいるとは思うのですが、僕が映画館に足しげく通っていた頃は映画を選ぶだけでなく、映画館も選んでいました。あそこは椅子が固いとか、音がいいとか…。そういえば、映画の上映自体もフィルムを使わない方法へと段々、変わってきています。

どうも、僕らの世代が思う「映画館」というものがどんどん消えていっているようです。新宿プラザも閉館前に、歴代のヒット映画を上映するそうです。想い出のある方は一度行かれてみてはいかがですか?

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
映画を見に出かけた都会。
京太郎さん、こんにちは。
今でこそ、駅ビルに映画館まで出来て、遠出しなくとも、手軽に映画が楽しめるようになりましたが、私の学生時代は、映画を見に行くために、わざわざ新宿に出かけたものです。
どの映画を見るのかも楽しみでしたが、京太郎さんの仰るように、どの映画館で見るのかも楽しみでした。
駅前で、何もかも済むようになり、新宿に出かけることがなくなりましたが、思い出の詰まった映画館の閉館前に、ぜひ私も、懐かしい映画を見に行きたいと思っています。
MISSHAN 2008/10/06(Mon)13:42:09 編集
韓国女優のネットの中傷による自殺について。
京太郎さん、再びこんばんは
映画の話が出たので、強引につなげて。
数日前に、韓国女優が、ネットの中傷による自殺。という報道がありましたね。
京太郎さんも、タレントさんなので、ネットに限らず、誹謗中傷されたことが、おありかと思います。
普通に自分が、「その立場」だとして、誹謗中傷され、根も葉もない噂を「真実」として語られたら、人間の心が、壊れると思います。
冷静な意見や批判は、その人に「薬」になりますが、感情任せの誹謗中傷は、簡単に「毒」に転換します。
ネットは、そのスピードが、爆発的に速く、取り扱いには注意が必要。
対岸の火事ではないと思います。
MISSHAN 2008/10/06(Mon)19:46:52 編集
またも名優が逝く。
京太郎さん、こんにちは。
今朝の緒形拳さんの訃報にショックを受けました。
渋い演技の裏では、お茶目なところもあり、好きな役者さんの一人でした。
次々と、名優さんがいなくなりますね。
MISSHAN 2008/10/07(Tue)13:13:35 編集
現代の御手洗博士?!
京太郎さん、おはようございますさて、現代の御手洗博士と言える?!化学者の方々が、ノーベル賞受賞という快挙で、盛り上がっていますね。
どんな研究かを情報番組で説明していましたが、元々難しいことには、犬猿しがちな私の頭が、強い拒否反応を示して、全く分からず、そもそも頭の構造が違うのだという結論に達しました。 
御手洗博士がいたら、京太郎さんが、質問した時のように、懇切丁寧に説明してくれそうですが。
それも、私にとっては、ありがた迷惑だったりして(御手洗博士ごめんなさい)。
何故、御手洗博士を引っ張り出してきたかと言うと、今朝の新聞のトップ記事に載っている下村氏が、御手洗博士似てる!と思ったので。
今日も、朝から、強引なこじつけコメントで、失礼しました。
MISSHAN 2008/10/09(Thu)07:12:51 編集
映画
>あそこは椅子が固いとか、音がいいとか…。
面白いですね。こういう話、またやってください。
昔は映画館って、最新の設備だったんですよね。音響とか冷房とか。今の一般家庭にはオーディオ、エアコンがあるから、今の人は映画館のありがたさはわからないでしょうね。
赤井 URL 2008/10/10(Fri)20:42:09 編集
あたりまえでなかった時代。
京太郎さん、こんにちは
赤井さん、こんにちは。
現代は、ずいぶんと、あたりまえのようにすでに、便利な電化製品などに囲まれた生活をしていますが。
昔は、と言っても、ほんの数十年前ですが、今、あたりまえのようにあるものがなくても、あまり不便さも感じずに生活していたように思います。その時は、それがあたりまえでしたから。
だから、最新機能や、最新設備が整った新しい映画館が出来たと聞けば、みんなワクワクして足を運んだものです。
今、あたりまえのようにあるものがなかった時代の方が、そういった新しい設備や機能に敏感で、ありがたみが分かる時代だったように思います。
MISSHAN 2008/10/11(Sat)12:02:59 編集
ディナーショウの告知。
京太郎さん、こんにちは
BBSで、お誘いいただいたディナーショウの告知ですね。
サプライズとは、楽しみですね。
デュエットの相手?ビンゴでサイン入りプレゼント?京太郎さんの生唄?いずれにしても。
楽しい、嬉しい、夢のようなひとときになりそうですね。
MISSHAN 2008/10/13(Mon)12:42:21 編集
鏡京太郎さん
返簡切望(吾泣涕)
MISSHAN 2008/10/15(Wed)19:16:28 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
★ 好評発売中!
「さよならミラーマン」 ¥1600円(税込)で全国書店他amazon などで発売中。笑って泣ける70年代映画屋の疾走する舞台裏!
★ 最新コメント
[07/14 みな]
[07/13 ハナガミ王子]
[06/27 みな]
[05/13 みな]
[05/04 みな]
★ 最新記事
★ 最新トラックバック
(10/03)
(09/26)
(10/15)
(10/11)
★ プロフィール
HN:
kiyoutaro
年齢:
45
性別:
非公開
誕生日:
1971/12/05
職業:
報道カメラマン
★ バーコード
★ ブログ内検索
★ 最古記事
(09/07)
(09/08)
(09/10)
(09/11)
(09/12)
 現在、発売中の『さよならミラーマン』の86頁ー当時の制作主任、設楽氏と助監督、北村氏の対談において以下の件~ ”~志村さんは、下に優しく上には厳しい人なんです。絶対お世辞を言わない、珍しい人でした。損と言えば損ですよね。世渡りベタというか。あ、この人も出世しない人だ(笑)。*(山浦さんとの対談参照)  とあります。これは脚本家の山浦弘靖氏との対談において設定上「出世しない人」という言葉があり、それにリンクするものとして捉えておりましたが、86頁においてもスタッフ思いであり、スタッフの為に上にも媚を売らない凛とした性格ーそれ故にスポンサーなど上とはぶつかることも多く、才能があるのに出世はしずらいー という意味として対談時の通り記述させていただきました。  ですが、とらえようによっては誤解を招く文章でもありますし、また発言者となった北村氏にもご迷惑をかけかねない要素も含まれておりますので、ここに弁明並びに不用意な文法となったことをお詫び申し上げます。また、この文章を読まれて御不快に思われた方には、真意は異なるということと、不用意な文法である点に関してお詫びを申し上げるとともに、ご理解賜りたくここに敢えて記載させていただきます。 株式会社大洋図書  「さよならミラーマン」編集スタッフ一同
★ お天気情報
★ 忍者ポイント広告
★ アクセス解析

Copyright (c)鏡の国からきた男 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]