忍者ブログ
俳優、石田延之こと鏡京太郎が綴る36年間、鏡の中に封印してきた想いと未来を綴るぺーじ。
<< 03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今更ですが、あけましておめでとうございます。

1ヶ月も経ってアレですが…。

去年の暮れから色々と継続しているお仕事、そして雑事などに忙殺されていることもあり、
また、こちらからのネタフリも停滞していることから、管理人側での適時更新も滞っておりました。

皆様にはご心配をおかけして申し訳ありません。

まだしばらくはちょこちょこと更新を続けて行くと、思います。

年末、年明けと暗いニュースばかりですが、めげずに頑張りましょう。

PR
 今年も残すところあと僅かとなってまいりました。

皆さんもここにきて風邪など引かれませぬように。

よいお年を…。



夕日に映える雪山が綺麗だったので秋田内陸線という汽車の車窓から撮りました。夕方、新幹線に乗るため角館駅に降りたのですが、寒さに弱い僕、凍えるような寒さに閉口してしまいました。

う~ん、こんな時はデジ一が欲しいですね。
200811231702000.jpg200811231636000.jpg






ふと、気がつくと…まさに絶景でした。我を忘れて携帯でパチリ。

ところで、以前からPCの調子が悪いと言っていましたが…どうやら、モニター
自体が…画面が段々暗くなってゆく…。インベーダーの新しい地球侵略か?

 もう1週間ほど前のニュースですが、ウィグル自治区でこんな事件がありました。
遊牧民が今年の初めに、草原で発見した猫を飼っていたそうです。ところがこの猫、半年でやたらでかくなるは、飼ってる鶏を襲うはで、怖くなって調べてもらったところ、
天然記念物のユキヒョウ(豹)でした、という話。
写真をどこかで見てもらえれば分かりますが、顔つき、足の太さなど明らかに豹は猫とは異なります。豹というより、猫見たことないのでは…という気もします。

一方、フロリダでも「家の前にでっかい猫がいて邪魔だから」という電話を受けた警官が急行すると、いたのはでかい猫どころか、豹であることが判明。驚いた警官は逃げ出してしまい、後に麻酔銃で豹は捕獲されたそうです。
通報者は「別に怖くなかった」そうですが、フツー、でかい猫にも程があると思うのですが…。

いいですよね、でかい猫がいる。それならうちは小さい猫がうるさい、ってことになるのかしら。

勿論、情報元はネットの世界の面白ニュースみたいなところだと思います。

おおらか過ぎ…。

★ カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
★ 好評発売中!
「さよならミラーマン」 ¥1600円(税込)で全国書店他amazon などで発売中。笑って泣ける70年代映画屋の疾走する舞台裏!
★ 最新コメント
[07/14 みな]
[07/13 ハナガミ王子]
[06/27 みな]
[05/13 みな]
[05/04 みな]
★ 最新記事
★ 最新トラックバック
(10/03)
(09/26)
(10/15)
(10/11)
★ プロフィール
HN:
kiyoutaro
年齢:
45
性別:
非公開
誕生日:
1971/12/05
職業:
報道カメラマン
★ バーコード
★ ブログ内検索
★ 最古記事
(09/07)
(09/08)
(09/10)
(09/11)
(09/12)
 現在、発売中の『さよならミラーマン』の86頁ー当時の制作主任、設楽氏と助監督、北村氏の対談において以下の件~ ”~志村さんは、下に優しく上には厳しい人なんです。絶対お世辞を言わない、珍しい人でした。損と言えば損ですよね。世渡りベタというか。あ、この人も出世しない人だ(笑)。*(山浦さんとの対談参照)  とあります。これは脚本家の山浦弘靖氏との対談において設定上「出世しない人」という言葉があり、それにリンクするものとして捉えておりましたが、86頁においてもスタッフ思いであり、スタッフの為に上にも媚を売らない凛とした性格ーそれ故にスポンサーなど上とはぶつかることも多く、才能があるのに出世はしずらいー という意味として対談時の通り記述させていただきました。  ですが、とらえようによっては誤解を招く文章でもありますし、また発言者となった北村氏にもご迷惑をかけかねない要素も含まれておりますので、ここに弁明並びに不用意な文法となったことをお詫び申し上げます。また、この文章を読まれて御不快に思われた方には、真意は異なるということと、不用意な文法である点に関してお詫びを申し上げるとともに、ご理解賜りたくここに敢えて記載させていただきます。 株式会社大洋図書  「さよならミラーマン」編集スタッフ一同
★ お天気情報
★ 忍者ポイント広告
★ アクセス解析

Copyright (c)鏡の国からきた男 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]