忍者ブログ
俳優、石田延之こと鏡京太郎が綴る36年間、鏡の中に封印してきた想いと未来を綴るぺーじ。
<< 09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 あぁ、そうか今日って誕生日なんですね…まじめな話忘れてました。
コメントありがとう。
誕生日だからと言って、これという気分じゃないんだけど、久しぶりに家でのんびりしています。家族ともども。
去年あたりから、いろいろあって、ちょっと病気がちだった奥さんとかも、今日は元気そうだし…。これが一番うれしいことかも。やっぱりね、なにがあってもペアはペアだからね。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
お誕生日。
京太郎さん、こんにちは
しつこいですが、お誕生日おめでとうございます。
ご家族で、のんびり、奥様も元気のようで、よかったです。
家族揃って、笑顔でいられるのが、いちばんですね。今日は、石田信之さんと、ご家族にとって、素敵な1日になりますように。私祈ってます。
MISSHAN 2008/08/30(Sat)12:57:04 編集
お久しぶりです。
京太郎さん。お誕生日おめでとうございます。このブログを見ていて、自分も長編小説を今日から書いてみようと思いました。テーマは現代的な青春ものです。原稿用紙を目の前に登場人物の設定やプロットを考えているのですが、やはり、小説って難しいですね。京太郎さんの苦労がしみじみと分かりました。でも、来年の三月の締め切りまで、なんとか完成させたいと思います。長文失礼しました。
メガたぬき URL 2008/08/30(Sat)14:35:22 編集
無題
>>MISSHANさん
ありがとうございます。素敵かどうかは分かりませんが、いい1日だったと思います。

>>メガたぬきさん
何故に来年3月が締切なのかな?
ところで、小説に限らずだけど、作業を始める前の段階って、考えててもあれやこれや出てきすぎてまとまらないもんです。とにかく
まず書きはじめる方がいいかもしれませんよ。書いてるうちに、閃いたらそこへもっていく、でなきゃ面倒だけどそこへむけていちから構築したほうが早いこともあります。
Kiyoutaro 2008/09/01(Mon)11:23:05 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
★ 好評発売中!
「さよならミラーマン」 ¥1600円(税込)で全国書店他amazon などで発売中。笑って泣ける70年代映画屋の疾走する舞台裏!
★ 最新コメント
[07/14 みな]
[07/13 ハナガミ王子]
[06/27 みな]
[05/13 みな]
[05/04 みな]
★ 最新記事
★ 最新トラックバック
(10/03)
(09/26)
(10/15)
(10/11)
★ プロフィール
HN:
kiyoutaro
年齢:
45
性別:
非公開
誕生日:
1971/12/05
職業:
報道カメラマン
★ バーコード
★ ブログ内検索
★ 最古記事
(09/07)
(09/08)
(09/10)
(09/11)
(09/12)
 現在、発売中の『さよならミラーマン』の86頁ー当時の制作主任、設楽氏と助監督、北村氏の対談において以下の件~ ”~志村さんは、下に優しく上には厳しい人なんです。絶対お世辞を言わない、珍しい人でした。損と言えば損ですよね。世渡りベタというか。あ、この人も出世しない人だ(笑)。*(山浦さんとの対談参照)  とあります。これは脚本家の山浦弘靖氏との対談において設定上「出世しない人」という言葉があり、それにリンクするものとして捉えておりましたが、86頁においてもスタッフ思いであり、スタッフの為に上にも媚を売らない凛とした性格ーそれ故にスポンサーなど上とはぶつかることも多く、才能があるのに出世はしずらいー という意味として対談時の通り記述させていただきました。  ですが、とらえようによっては誤解を招く文章でもありますし、また発言者となった北村氏にもご迷惑をかけかねない要素も含まれておりますので、ここに弁明並びに不用意な文法となったことをお詫び申し上げます。また、この文章を読まれて御不快に思われた方には、真意は異なるということと、不用意な文法である点に関してお詫びを申し上げるとともに、ご理解賜りたくここに敢えて記載させていただきます。 株式会社大洋図書  「さよならミラーマン」編集スタッフ一同
★ お天気情報
★ 忍者ポイント広告
★ アクセス解析

Copyright (c)鏡の国からきた男 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]