忍者ブログ
俳優、石田延之こと鏡京太郎が綴る36年間、鏡の中に封印してきた想いと未来を綴るぺーじ。
<< 09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そういえば石原裕次郎さんの唄にこんな出だしの唄がありましたね。たしか座頭市の主題歌だったかな。
そう、夢です。なんのことはない昔、学校かどこかで密かに好きだった女の子とデートしてる夢なんですよ。クラスメイトも一緒で久し振りの再会。気がつくと2人きりで、色々と話してるんです。そのうちに目が覚めました。
これが不思議なんですよね。夢って見てる時(つまり寝てるとき)はえらく克明で、リアルなんですよ。ですが、起きた瞬間からどんどんぼやけてってしまう。それに今思い返すと、その意中の女の子って雰囲気はあの子のことかな?って心当たりはあるんだろうけど、顔は全然知らない子だった。
いえね、なんでこんな夢見たんでしょうね?別に今の生活になんかがあるわけじゃないし。それに、この夢なんとなくですがすごく見てて気持ちのいい夢でした。夢見てる瞬間だけは、なんというか心が十代のころのどきどきした感じでいっぱいでしたから。
そんなわけでわけわからんゆめでしたが、なんとなくいい気分で起きられました。
なんか気分が凄く若返ったような。もしかしてまだねぼけてんのかしら?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
夢って不思議
京太郎さん、こんにちは夢って不思議ですよね。ドリカムの歌みたいに、好きな人に限って出て来てくれない…これって私だけだって、京太郎さんは、意中の女の子とデートしたんでしょ~いいなぁ~私は、朝子さんやインベーダーのリサさんみたいに京太郎さんとデートしたいなぁ~。いつも寝る前に、京太郎さんの写真を見て、頭のなかで思い浮かべながら、眠りにつくのに、出てくるのは、関係ない事ばかり。妄想のなかでは、いつも一緒なのに…おっと、これは余談でしたね、失礼しました。
ミサナー 2008/01/16(Wed)15:31:53 編集
「ミラーマン」のロケ地
京太郎さん、こんばんは今日、何度目かの「ミラーマン」最終回を見終えました。いつも、京太郎さんが、二次元の世界へ行ってしまう場面で、泣きそうになります。さて、「ミラーマン」のロケ地で私も行った事がある場所がいくつか出てきます。深大寺、多摩動物公園、駒沢公園、井の頭公園、そして新宿。特に新宿のデパート屋上のプレイ施設は、丁度撮影が行われている頃に行った記憶があり、とても懐かしいです。また、明日から、最初から見ようかなぁ~だって、何回見てもいいんだもん
ミサナー 2008/01/16(Wed)23:42:14 編集
人材の年★勝負の年
おはようございます。
素敵な夢ですね。。。自分も最近色んな夢を見るのですが、すごく変わった夢ばかりです・・・
不思議なのは目が覚めてもしばらくの間わりと長い時間記憶に残っているのです??
石田さんみたいな素敵な夢なら良いのでが・・・
今年は・・・今年こそは良い年素敵な夢のような
年にしたいですね(^^)V
がんばりましょー!よろしくお願いします。

JohnDoo 2008/01/17(Thu)00:46:14 編集
高所恐怖症+α
京太郎さん、こんにちは私も、高い所が怖いです。それに、爬虫類も苦手です。今、インタビューでも言っていた、ガスタンクの格闘シーンを見ている所です。「怖い」と言っても、やらないといけない。役者さんは大変です。付け加えて、私は、水際や暗くて狭い所も怖いです。これも「ミラーマン」に出てきますね。血や臓器を見るのは平気なのに(仕事柄)…。あ、私の仕事わかっちゃいました?
ミサナー 2008/01/17(Thu)14:25:37 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
★ 好評発売中!
「さよならミラーマン」 ¥1600円(税込)で全国書店他amazon などで発売中。笑って泣ける70年代映画屋の疾走する舞台裏!
★ 最新コメント
[07/14 みな]
[07/13 ハナガミ王子]
[06/27 みな]
[05/13 みな]
[05/04 みな]
★ 最新記事
★ 最新トラックバック
(10/03)
(09/26)
(10/15)
(10/11)
★ プロフィール
HN:
kiyoutaro
年齢:
45
性別:
非公開
誕生日:
1971/12/05
職業:
報道カメラマン
★ バーコード
★ ブログ内検索
★ 最古記事
(09/07)
(09/08)
(09/10)
(09/11)
(09/12)
 現在、発売中の『さよならミラーマン』の86頁ー当時の制作主任、設楽氏と助監督、北村氏の対談において以下の件~ ”~志村さんは、下に優しく上には厳しい人なんです。絶対お世辞を言わない、珍しい人でした。損と言えば損ですよね。世渡りベタというか。あ、この人も出世しない人だ(笑)。*(山浦さんとの対談参照)  とあります。これは脚本家の山浦弘靖氏との対談において設定上「出世しない人」という言葉があり、それにリンクするものとして捉えておりましたが、86頁においてもスタッフ思いであり、スタッフの為に上にも媚を売らない凛とした性格ーそれ故にスポンサーなど上とはぶつかることも多く、才能があるのに出世はしずらいー という意味として対談時の通り記述させていただきました。  ですが、とらえようによっては誤解を招く文章でもありますし、また発言者となった北村氏にもご迷惑をかけかねない要素も含まれておりますので、ここに弁明並びに不用意な文法となったことをお詫び申し上げます。また、この文章を読まれて御不快に思われた方には、真意は異なるということと、不用意な文法である点に関してお詫びを申し上げるとともに、ご理解賜りたくここに敢えて記載させていただきます。 株式会社大洋図書  「さよならミラーマン」編集スタッフ一同
★ お天気情報
★ 忍者ポイント広告
★ アクセス解析

Copyright (c)鏡の国からきた男 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]