忍者ブログ
俳優、石田延之こと鏡京太郎が綴る36年間、鏡の中に封印してきた想いと未来を綴るぺーじ。
<< 06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
[163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 先日、久しぶりに羽インと話しました。

「別の人生を歩むんです」とか、漫才師のコンビ解消みたいなことを言ってたんですが、要はそれぞれの仕事がかなりハードスケジュールになってきたようです。

このブログの更新が実に遅いのも、メカに強い人がいないせい…と人のせいにするのは止めておいて…と。その時に、ちらと話に出たのですが、先の桜井さんの受賞パーティーで、私もお会いしたのですが星光子さんというかたがいらっしゃいました。

たしかどこかで…と思ってはいたのですが、「ウルトラマンA」(放送自体はミラーマンよりも後ですが)で主演をされていたそうで、羽インはもろにそれを観てたらしく
電話の向こうで一人でまくしたてて電話は終わってしまいました。

で、あとからこの星さんのブログを見てみたのですが、途中で降板された理由にちらと触れられています。といってもちら…などというような生易しいものではなかったのですが。おそらく30年近く封印してきたものを少しだけ、開けていただいたようです。

考えてみれば「ミラーマン」も相当お金は食ってたし、その割に視聴率では悩んでいた作品です。ただ、そういう心配が全く役者のところに降りてこなかったのは、プロデューサーの尽力だったのでしょうね。

僕もそうでしたが、子供向け番組、ヒーロー番組に出演していた多くの俳優さんや、タレントさんが、当時を振り返る一方で、決して振り返らない方、過去を閉ざした方も大勢います。振り返るにはそれだけの、勇気がいるんですね。事情だってあります。僕も、全然知らない話でしたが、その振り返る勇気を与えた人がいるのでしょうね。

え、僕?もっと振り返ってもいいので「超ミラーマン8兄弟」とか作ってください。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
無題
京太郎さん、こんばんは
それぞれの事情がおありのようですが、久々の更新に喜ぶばかりの私です。
星光子さんは、ウルトラマンエースで、南夕子隊員で、北斗隊員と合体して変身するという、独特の変身で、当時、純真無垢の私は、何の邪心もなく見ていた記憶があります。
途中、月に帰る形で降板になった時は、子供ながら、寂しく思ったものです。
京太郎さん、ミラーマンの8兄弟だなんて、洒落になりませんよ!
あくまでも、ミラーマンは、完結済みの作品で、京太郎さんも、その意味合いを含めて「さよならミラーマン」という本を出されたと、私は、思っています。
みな(MISSHAN) 2009/05/21(Thu)19:37:08 編集
お久しぶりです
京太郎兄さん、こんばんは。超ミラーマン8兄弟、はともかく(笑)、実際にミラーマン兄弟というアイデアがあったと聞きます。もし実現していたら、どんなふうになっていたと思いますか?私、ハナガミ王子がもしプロデューサーだったら、京太郎は、実は双子だった、ということにするでしょう。つまり、石田さんが一人二役。撮影はかなりハードですが(笑)。やはり、ウルトラとは違う世界にしたいですね。一人二役だと違う世界になるのか、と言われても困りますけど(笑)。
ハナガミ王子 2009/05/21(Thu)23:46:55 編集
無題
星光子さんのブログがあったとは本気で驚きました。うちの地域は、なぜか『帰ってきたウルトラマン』『ウルトラマンA』ばかり再放送してまして、何度も見ました。
(『ミラーマン』は昔見てなくて申し訳ありません)

この際、『鏡面世界の男』を円谷さんに作ってもらいましょうよ。
赤井 URL 2009/05/22(Fri)21:32:39 編集
無題
なるほど・・・かねてからの疑問なんですよ。だから降板か・・・

ところで京太郎さん、ばんばん更新してくださいね!!楽しみにしています。
しらさわ URL 2009/05/25(Mon)22:52:09 編集
はじめまして(´∀`)
昨日ミラーマンDVD買いました( ´∀`)
小さい頃、見たような記憶がずっと忘れられなくて・・・・


懐かしさと新鮮な感じが堪らなく嬉しいです(´∀`)


ミラーマン、大好きなヒーローです( ´∀`)
ユウ 2009/06/07(Sun)06:35:25 編集
真の負けず嫌い。
京太郎さん、おはようございます
京太郎さんは、負けず嫌いですよね。
世の中には、順境でしか生きられない人と、逆境でも生きられる人がいます。
いつでも人より優位に立ち、自分の思い通りの境遇でしかいい気分でいられない人は、逆境では生きられないし能力も発揮できません。
しかし、それは、他人との競争で勝った負けたというのではなく、自分との戦いであってほしいものです。
自分の思い通りの環境にいられなくとも、たとえ他人との競争で負けても心を腐らせず、おかれた条件の中で、精いっぱい努力し、自分を磨ける、まるで京太郎さんのような人が、真の負けず嫌いだと思います。
私は、そんな京太郎さんが、大好きです
みな(MISSHAN) 2009/06/09(Tue)09:44:54 編集
無題
京太郎さん、おはようございます
梅雨入りし、暑くなったり、寒くなったり、相変わらず不安定な気候が続いていますが、いかがお過ごしですか?
私は、紫外線問題もありますが、あえて雨降りの日に出かけています。
水たまりの道で、うれしいこんにちは…かたつむり、アジサイの花。
雨の日のお出かけも、けっこういいものです。
大半の方が、嫌がる雨降りですが、考え方を変えれば楽しめるものです。
京太郎さんの仰った“気持ちの持ちよう”が、私の生活でいつも生きています。
みな(MISSHAN) 2009/06/19(Fri)08:38:41 編集
アイポンいやアイフォン新型発売。
京太郎さん、おはようございます
昨年、話題に上がったアイポンいやアイフォンの新型発売との報道で、羽田インベーダーズさんは、また並んで買ってるのかな?なんて、勝手に想像してる私です。
さらに、機能充実といわれても、携帯すらすべての機能を使いこなせてない機械の苦手な私には、別世界のことですが…。
昨年、京太郎さんと、機械が苦手な共通の話しが出来たことを思い出させてくれて、ちょっぴり嬉しくなった私なのでした。
みな(MISSHAN) 2009/06/27(Sat)07:50:04 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
≪   とい?    ★ HOME ★    無題   ≫
★ カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
★ 好評発売中!
「さよならミラーマン」 ¥1600円(税込)で全国書店他amazon などで発売中。笑って泣ける70年代映画屋の疾走する舞台裏!
★ 最新コメント
[07/14 みな]
[07/13 ハナガミ王子]
[06/27 みな]
[05/13 みな]
[05/04 みな]
★ 最新記事
★ 最新トラックバック
(10/03)
(09/26)
(10/15)
(10/11)
★ プロフィール
HN:
kiyoutaro
年齢:
45
性別:
非公開
誕生日:
1971/12/05
職業:
報道カメラマン
★ バーコード
★ ブログ内検索
★ 最古記事
(09/07)
(09/08)
(09/10)
(09/11)
(09/12)
 現在、発売中の『さよならミラーマン』の86頁ー当時の制作主任、設楽氏と助監督、北村氏の対談において以下の件~ ”~志村さんは、下に優しく上には厳しい人なんです。絶対お世辞を言わない、珍しい人でした。損と言えば損ですよね。世渡りベタというか。あ、この人も出世しない人だ(笑)。*(山浦さんとの対談参照)  とあります。これは脚本家の山浦弘靖氏との対談において設定上「出世しない人」という言葉があり、それにリンクするものとして捉えておりましたが、86頁においてもスタッフ思いであり、スタッフの為に上にも媚を売らない凛とした性格ーそれ故にスポンサーなど上とはぶつかることも多く、才能があるのに出世はしずらいー という意味として対談時の通り記述させていただきました。  ですが、とらえようによっては誤解を招く文章でもありますし、また発言者となった北村氏にもご迷惑をかけかねない要素も含まれておりますので、ここに弁明並びに不用意な文法となったことをお詫び申し上げます。また、この文章を読まれて御不快に思われた方には、真意は異なるということと、不用意な文法である点に関してお詫びを申し上げるとともに、ご理解賜りたくここに敢えて記載させていただきます。 株式会社大洋図書  「さよならミラーマン」編集スタッフ一同
★ お天気情報
★ 忍者ポイント広告
★ アクセス解析

Copyright (c)鏡の国からきた男 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]